尾高 惇忠   (1830-1901)

尾高 惇忠(おだか あつただ(じゅんちゅう)、文政13年7月27日(1830年9月13日) - 明治34年(1901年)1月2日)は、富岡製糸場の初代場長、および日本の実業家。 第一国立銀行仙台支店支配人。 通称・新五郎。 号は藍香。 [人物・来歴] 武蔵国榛沢郡下手計村(現・埼玉県深谷市下手計)に生まれた。 渋沢栄一の義兄(栄一の妻・千代の兄)であり、尾高塾を開き、栄一に論語を教えた学問の師である。 惇忠とともに振武隊を結成して飯能戦争を戦い、自決した渋沢平九郎は実弟である(平九郎は栄一の養子になり渋沢姓)。 漢学者・銀行家の尾高次郎の父である。 また、郷土教育家の尾高豊作・法哲学者の尾高...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オダカ アツタダ
人物別名 尾高惇忠
生年 1830年
没年 1901年
をも見よ 尾高, 藍香(1830-1901)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
義民關兵靈神事蹟 尾高惇忠 原編 ; 森田雄一 校訂 美里町
1998.6
製藍新法 尾高惇忠 著 尾高惇忠
明28.3
義民関兵霊神事跡 尾高惇忠 編 尾高惇忠
明25.12
治水新策 尾高惇忠 著 尾高次郎
明24.1
藍作指要 尾高惇忠 著 静雲堂
明23.3
蚕桑長策 尾高惇忠 著 尾高次郎
明22.8
備前渠治安策 尾高惇忠 著 尾高惇忠
明21.1
商戦論 尾高惇忠 著 尾高惇忠
明21.2
藍作改良意見書 尾高惇忠 著 尾高惇忠
明21.1
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想