白洲 次郎   (1902-1985)

白洲 次郎(しらす じろう、1902年2月17日 - 1985年11月28日)は、日本の官僚、実業家。 終戦連絡中央事務局次長、経済安定本部次長、貿易庁長官、東北電力会長などを歴任した。 兵庫県芦屋市出身。 連合国軍占領下の日本で吉田茂の側近として活躍し、終戦連絡中央事務局や経済安定本部の次長を経て、商務省の外局として新設された貿易庁の長官を務めた。 吉田茂の側近として連合国軍最高司令官総司令部と渡り合う。 吉田政権崩壊後は、実業家として東北電力の会長を務めるなど多くの企業の役員を歴任した。 一時は忘れられた存在であったが、1990年代中盤頃から少しずつ再評価され各種メディアで取り上げられるこ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シラス ジロウ
人物別名 白洲次郎
生年 1902年
没年 1985年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
プリンシプルのない日本 白洲次郎 著 新潮社
2006.6
白洲次郎の流儀 白洲次郎 ほか著 新潮社
2004.9
プリンシプルのない日本 白洲次郎 著 ワイアンドエフ
2001.5
占領行政の問題点について 白洲次郎[述] 私製
-
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想