江草 隆繁   (1909-1944)

江草 隆繁(えくさ たかしげ、1909年9月 - 1944年6月15日)は、大日本帝国海軍の海軍大佐。 海軍兵学校58期。 広島県芦品郡有磨村(現・福山市芦田町)生まれ。 「艦上爆撃機の神様」として知られる。 [生涯] 江草姓は広島と岡山県の県境に多く見られる姓で戦国時代の豪族の家系。 旧制府中中学校(現・広島県立府中高等学校)を第1期生として卒業。 同級に浦上豊、岡崎平夫ら。 1925年海軍兵学校に合格するが翌1926年、入校直前の身体検査で結核と誤診され入校は翌1927年、昭和に入って初めての生徒として海軍兵学校の門をくぐる。 1930年、機体・発動機とも初めて日本人の手になる「九〇式艦...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ エグサ タカシゲ
人物別名 江草隆繁
生年 1909年
没年 1944年
職業・経歴等 パイロット
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想