中里 介山   (1885-1944)

小説家。本名は弥之助(やのすけ)。東京都羽村市生まれ。父の家業不振のため苦しい少年時代を送る。小学校高等科卒業後上京。電話交換手からのち小学校教員となる。この間、キリスト教と社会主義の影響を受ける。1905(明治38)年、白柳秀湖(しらやなぎしゅうこ)らと雑誌「火鞭」(かべん)を創刊。同誌に短編「笛吹川」を発表。翌年「都新聞」入社。1909(明治42)年、同紙への連載小説「氷の花」をかわきりに「高野の義人」など数々の作品を掲載。1913(大正2)年「大菩薩峠」の連載を「都新聞」で開始。本作はこの後、掲載紙を変えながら断続的に1941(昭和16)年まで書き継がれる。しかし長大な作品(四十一巻)は作者の後半生を呑み込み、なお未完に終わる。1919(大正8)年「都新聞」退社。旺盛な執筆活動を続けながら、道場や私塾経営のほか「隣人之友」をはじめ各種雑誌の発行を手がける。生涯を通じトルストイの影響を強く受けたといわれる。代表作には、聖徳太子に材をとった「夢殿」、法然上人を描いた「黒谷夜話」など。また晩年は自伝的文集「百姓弥之助の話」を残している。Wikipedia「中里介山

「青空文庫」より

中里 介山(なかざと かいざん、男性、1885年(明治18年)4月4日 - 1944年(昭和19年)4月28日)は、日本の小説家。 本名は、中里 弥之助。 甥に、ロシア・ソビエト文学者の中里迪弥(なかざとみちや)。 [略歴] 神奈川県西多摩郡羽村(現在の東京都羽村市)に精米業者の次男として生まれる。 玉川上水の取水堰にほど近い多摩川畔の水車小屋で生まれたと伝えられる。 生家は自由民権運動で三多摩壮士と呼ばれた人びとの根拠地で、民権運動の気風が色濃く残る土地であった。 長兄は早世しており、少年時代に農家であったが、父の代で離農したため土地を失い、不遇の時代を過ごした。 1898年(明治31年)...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカザト カイザン
人物別名 中里介山

中里, 弥之助
生年 1885年
没年 1944年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本武術神妙記 中里介山 [著] Kadokawa
2016.5
大菩薩峠 中里介山 著 ; 伊東祐吏 校訂 論創社
2015.1
大菩薩峠 中里介山 著 ; 伊東祐吏 校訂 論創社
2015.3
大菩薩峠 中里介山 著 ; 伊東祐吏 校訂 論創社
2015.6
大菩薩峠 : 都新聞版 中里介山 著 ; 伊東祐吏 校訂 論創社
2014.1
大菩薩峠 中里介山 著 ; 伊東祐吏 校訂 論創社
2014.3
大菩薩峠 中里介山 著 ; 伊東祐吏 校訂 論創社
2014.5
大菩薩峠 中里介山 著 ; 伊東祐吏 校訂 論創社
2014.7
大菩薩峠 中里介山 著 ; 伊東祐吏 校訂 論創社
2014.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想