森口 朗   (1960-)

森口 朗(もりぐち あきら、1960年6月1日 - )は日本の教育評論家、東京都職員。 大阪府生まれ。 [経歴] 中央大学法学部卒業。 佛教大学大学院通信教育部教育学研究科修士課程修了。 東京都庁に入り、下水道局、衛生局に勤務。 1995年に都内の小学校に転出。 養護学校、都立高校を経て、現在は再び東京都庁に勤務。 学力偏差値で学力を測ることの妥当性と限界を示した。 内藤朝雄のいじめ理論を基礎にスクールカーストという概念を導入して、いじめを分類した。 影山ヒロノブや高崎晃とは中学校の同級生である。 [エピソード] 小学校時代には低学力児童のための学級(小学校3~4年の時、促進学級)に入って...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリグチ アキラ
人物別名 森口朗
生年 1960年
没年 -
職業・経歴等 教育評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
税をむさぼる人々 森口朗著 扶桑社
2021.1
愛国左派宣言 森口朗著 青林堂
2021.5
売国保守 森口朗著 扶桑社
育鵬社
2020.1
左翼老人 森口朗著 扶桑社
育鵬社
2019.3
自治労の正体 森口朗 著 扶桑社
育鵬社
2017.11
校内犯罪(いじめ)からわが子を守る法 : 教室を無法地帯にしないために 森口朗 著 扶桑社
育鵬社
2012.12
なぜ日本の教育は間違うのか : 復興のための教育学 森口朗 著 扶桑社
2012.3
日教組 森口朗 著 新潮社
2010.12
いじめの構造 森口朗 著 新潮社
2007.6
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想