中山 義秀   (1900-1969)

中山 義秀(なかやま ぎしゅう、1900年10月5日 - 1969年8月19日)は、日本の小説家。 本名、議秀(よしひで)。 [来歴・人物] 福島県西白河郡大屋村(現白河市)生れ。 旧制安積中学(現福島県立安積高等学校)、早稲田大学文学部英文科卒業。 早稲田大学在学中に、横光利一、富ノ沢麟太郎、小島勗らと同人誌『塔』を創刊。 小説『穴』を発表。 また、帆足図南次と『農民リーフレット』を発刊。 卒業後、中学英語教師のかたわら著作業を始め、妻の死など苦難の後、著作集『電光』を刊行。 1938年、岩瀬郡長沼町を舞台にした『厚物咲』で第7回芥川賞。 翌年『碑』を発表し、文壇での評価を高める。 平家物...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカヤマ ギシュウ
人物別名 中山義秀

中山, 議秀
生年 1900年
没年 1969年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
福島の文学 講談社文芸文庫 編 ; 宍戸芳夫 選 講談社
2014.3
決戦!大坂の陣 山田風太郎, 中山義秀, 東秀紀, 司馬遼太郎, 火坂雅志, 滝口康彦, 安部龍太郎, 池波正太郎, 松本清張, 小松左京 著 実業之日本社
2014.6
日本文学100年の名作 池内紀, 川本三郎, 松田哲夫 編 新潮社
2014.11
芭蕉庵桃青 中山義秀 著 中央公論新社
2012.1
咲庵 中山義秀 著 中央公論新社
2012.3
少年死刑囚 中山義秀 著 ; 池田浩士 解説 インパクト出版会
2012.4
アジア太平洋戦争 浅田次郎, 奥泉光, 川村湊, 高橋敏夫, 成田龍一 編 集英社
2011.6
ギャスケル, パヴェーゼ, 中山義秀 著 ; 松岡光治, 河島英昭 訳 ポプラ社
2010.10
新剣豪伝 中山義秀 著 新潮社
2008.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想