江見 水蔭   (1869-1934)

Wikipedia「江見水蔭

「青空文庫」より

江見 水蔭(えみ すいいん、明治2年8月12日(1869年9月17日) - 昭和9年(1934年)11月3日)は、小説家、翻案作家、雑誌発行者、紀行家、冒険家。 本名:忠功(ただかつ)。 岡山県岡山市生れ。 文学作品を皮切りに、通俗小説、推理小説、冒険小説、探検記など多岐に渡る分野に作品を残し、硯友社、江水社、博文館など数々の出版社で雑誌の編集発行に関わった。 代表作に小説『女房殺し』、『地底探検記』、随筆『自己中心明治文壇史』、翻案戯曲『正劇 室鷲郎』など。 [来歴] 江見忠功は岡山の一番町一番屋敷に生れた。 父の鋭馬は水蔭が幼少の頃死去。 明治14年 (1881)、叔父の水原久雄の勧め...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ エミ スイイン
人物別名 江見水蔭

江見, 忠功

怒涛庵

角灯子

落水子

水蔭亭雨外
生年 1869年
没年 1934年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明治深刻悲惨小説集 講談社文芸文庫 編 ; 齋藤秀昭 選 講談社
2016.6
花の杖 江見水蔭 著. 紅子戯語 / 尾崎紅葉 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2015.1
伊藤左千夫, 江見水蔭, 吉川英治 著 ポプラ社
2010.10
五調子 尾崎紅葉 編 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2008.3
硯友社文学集 山田有策, 猪狩友一, 宇佐美毅 校注 岩波書店
2005.1
群馬文学全集 伊藤信吉 監修 群馬県立土屋文明記念文学館
2002.3
群馬文学全集 伊藤信吉 監修 群馬県立土屋文明記念文学館
2002.8
地底探検記 江見水蔭 著 雄山閣
2001.8
『地底探検記』の世界 江見 水蔭【著】;斎藤 忠【監修】;中山 清隆【編】 雄山閣出版
2001.8.20
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想