江馬 務   (1884-1979)

江馬 務(えま つとむ、1884年12月2日-1979年5月10日)は日本の歴史学者。 日本における風俗史の研究の基礎を築いた1人である。 京都市出身。 江馬天江の孫、江馬章太郎(京都府立医学専門学校教授)の子。 [経歴] 1907年に新設の京都帝国大学史学科第1回生として入学、1910年に卒業する。 1911年には「風俗史研究会」を設立する。 有職故実の文献や史料から過去の風俗の考証を進めるだけでなく、実際に衣装などを復原・着用して考察を進める方法を採用し、1915年から毎月1回「時代扮装実演会」を開き、1916年には研究会の機関誌「風俗研究」を創刊した。 戦前・戦後を通じて、有職故実や風...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ エマ ツトム
人物別名 江馬務

Ema, Tsutomu
生年 1884年
没年 1979年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
民衆史の遺産 谷川健一, 大和岩雄 責任編集 大和書房
2015.8
江馬務『卅三年度江馬年中日記』『文科大学史学科三年史論』 江馬務 著 ; 花園大学歴史博物館 編 花園大学歴史博物館
2012.4
近世日本風俗事典 江馬務, 西岡虎之助, 浜田義一郎 監修 日本図書センター
2011.3
日本妖怪変化史 江馬務 著 中央公論新社
2004.6
四季の行事 江馬務 著 中央公論新社
2002.10
生活の陰翳 江馬務 著 中央公論新社
2002.10
一生の典礼 江馬務 著 中央公論新社
2002.10
食事と住居 江馬務 著 中央公論新社
2002.10
装身と化粧 江馬務 著 中央公論新社
2002.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想