中村 栄孝   (1902-1984)

中村 栄孝(なかむら ひでたか、1902年5月1日-1984年1月4日)は、大正・昭和期の歴史学者。 [経歴] 千葉県山武郡増穂村(現在の大網白里市)出身。 東京府立第一中学校・第一高等学校を経て1923年に東京帝国大学に入学、黒板勝美の指導を受ける。 1926年東京帝国大学文学部国史学科を卒業し朝鮮総督府朝鮮史編修会の嘱託となる。 1927年修史官、1937年編修官、1945年教学官・幹事兼任となるが、同年終戦によって帰国する(翌年の朝鮮総督府の正式廃止とともに退官)。 日本に帰国後の1948年からは名古屋大学、1966年から天理大学の教授を務めた。 1977年の天理大学退職後は故郷の大網...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカムラ ヒデタカ
人物別名 中村栄孝
生年 1902年
没年 1984年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
瀬野馬熊遺稿 瀬野馬熊 著 竜渓書舎
2011.1
日本人物風土事典 [深津準之助] [編] ; [中村栄孝] [監修] 日本図書センター
2011.6
牛窓と朝鮮通信使 牛窓町教育委員会編 牛窓町
1993.3
日本庶民生活史料集成 島尻勝太郎, 中村栄孝, 谷川健一編 三一書房
1981.11
江戸時代の朝鮮通信使 映像文化協会 編 毎日新聞社
1979.12
海東諸国紀 申叔舟 著 国書刊行会
1975
論集日本歴史 藤木久志, 北島万次編 有精堂
1974
東海風土記 中村栄孝 著 吉川弘文館
1971
清洲城と名古屋城 中村栄孝 著 吉川弘文館
1971
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想