中村 白葉   (1890-1974)

中村 白葉(なかむら はくよう、1890年11月23日 - 1974年8月12日)は、ロシア文学者。 神戸市生まれ。 本名・長三郎。 別号は天涯。 名古屋商業学校(現・名古屋市立名古屋商業高等学校)を出たのち、1912年、東京外国語学校(現・東京外国語大学)ロシア語科卒業。 八杉貞利に師事する。 米川正夫は一歳年下で在学中に知り合い、一緒に同人誌『露西亜文学』を刊行しロシア文学の紹介を始める。 卒業後、鉄道院に勤めるが文学への志が強く、辞職、雑誌編集者となる。 24歳の時、新潮社にいた投書仲間の加藤武雄より「罪と罰」の翻訳依頼を受け、1914年、それまで内田魯庵の英語からの重訳で読まれていたの...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカムラ ハクヨウ
人物別名 中村白葉
生年 1890年
没年 1974年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
コザック トルストイ 著 ; 中村白葉 訳 ; 辻原登, 山城むつみ 編. ハジ・ムラート / トルストイ 著 ; 中村白葉 訳 ; 辻原登, 山城むつみ 編 中央公論新社
2011.12
昭和初期世界名作翻訳全集 ドストエフスキイ著 ; 中村白葉訳 ゆまに書房
2009.4
昭和初期世界名作翻訳全集 ドストエフスキイ著 ; 中村白葉訳 ゆまに書房
2009.4
かもめ 伯父ワーニャ チエホフ 著 ; 中村白葉 訳チエホフ 著 ; 中村白葉 訳 ゆまに書房
2008.2
三人姉妹 桜の園 チエホフ 著 ; 中村白葉 訳チエホフ 著 ; 中村白葉 訳 ゆまに書房
2008.2
カメレオン 赤木かん子 編 ; アントン・チェーホフ 著 ; 中村白葉 訳 ポプラ社
2008.4
イワン・A.ブーニン作 ; 中村白葉訳 本の友社
2006.4
トルストイ民話集 人はなんで生きるか トルストイ【著】;中村 白葉【訳】 岩波書店
2003.5.15
トルストイ民話集 イワンのばか 他八篇 トルストイ【著】<Толстой Лев Н.>;中村 白葉【訳】 岩波書店
2002.11.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想