児玉 龍彦   (1953-)

児玉 龍彦(こだま たつひこ、1953年(昭和28年)3月22日 - )は、日本の医学者、生物学者。 東京大学アイソトープ総合センターセンター長兼東京大学先端科学技術研究センター教授 専門は、内科学、分子生物医学、システム医学領域、血管システム分野。 [概要] 1953年(昭和28年)3月、東京都生まれ。 東京教育大学附属駒場中学校・高等学校を卒業して、東京大学医学部に入学。 1977年(昭和52年)、東京大学医学部を卒業。 同年6月、東京大学医学部附属病院医師。 東京都立駒込病院を経て、1979年(昭和54年)、東京大学医学部附属病院に医師として勤務。 1984年(昭和59年)4月、「家族...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ コダマ タツヒコ
人物別名 児玉龍彦
生年 1953年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本病 金子勝, 児玉龍彦 著 岩波書店
2016.1
放射能は取り除ける 児玉龍彦 著 幻冬舎
2013.7
低線量被曝のモラル 一ノ瀬正樹, 伊東乾, 影浦峡, 児玉龍彦, 島薗進, 中川恵一 共編著 河出書房新社
2012.2
放射能から子どもの未来を守る 児玉龍彦, 金子勝 著 ディスカヴァー・トゥエンティワン
2012.1
フクシマからはじめる日本の未来 大友良英, 金子勝, 児玉龍彦, 坂本龍一 著 アスペクト
2012.3
内部被曝の真実 児玉龍彦 著 幻冬舎
2011.9
エピゲノム研究最前線 児玉龍彦 編 医歯薬
2011.11
新興衰退国ニッポン 金子勝, 児玉龍彦 著 講談社
2010.6
システム生物医学 児玉龍彦 編 医歯薬
2008.6
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想