中 久郎   (1927-2005)

中 久郎(なか ひさお、1927年9月15日(昭和2年) - 2005年(平成17年)5月22日)は、日本の社会学者。 京都府生まれ。 1953年京都大学文学部哲学科社会学卒、58年同大学院博士課程満期退学、大谷大学文学部講師、61年助教授、62年「自殺の社会的要因の研究」で京大文学博士。 66年京都大学文学部助教授、78年教授、86-88年文学部長。 名誉教授、龍谷大学教授、99年愛知新城大谷大学学長。 専攻は、社会学理論、社会学史、社会病理学。 [著書] 『デュルケームの社会理論』創文社、1979 『現代社会学の諸理論』世界思想社、1990 社会学の系譜 『共同性の社会理論』世界思想社...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカ ヒサオ
人物別名 中久郎
生年 1927年
没年 2005年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
コミュニティ : 社会学的研究:社会生活の性質と基本法則に関する一試論 R.M.マッキーヴァー 著 ; 中久郎, 松本通晴 監訳 ミネルヴァ書房
2009.7
戦後日本のなかの「戦争」 中久郎 編 世界思想社
2004.2
社会福祉の理念と技法 中久郎 編 行路社
2003.9
米田庄太郎 : 新総合社会学の先駆者 中久郎 著 東信堂
2002.6
社会・宗教・福祉 : 龍谷大学社会学部創設10周年記念論文集 龍谷大学社会学部創設10周年記念事業委員会 編 法律文化社
龍谷大学社会部
2000.6
持続と変容 : 社会学論集 中久郎 編 ナカニシヤ
1999.1
社会学原論 : 現代の診断原理 中久郎 著 世界思想社
1999.2
現代家族の変貌 : 国際比較による総合的研究 中久郎 編 行路社
1998.3
米田庄太郎の社会学 中久郎 編著 いなほ書房
星雲社
1998.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想