永積 洋子   (1930-)

永積 洋子(ながづみ ようこ、1930年10月8日 - )は、日本の歴史学者。 東京大学文学部名誉教授。 [来歴] 哲学者三木清の娘、東京大学農学部助教授(当時)東畑精一の姪として東京に生まれる。 1954年、東京大学国史学科卒、1956年、同大学大学院修士課程修了、同年より三度にわたってオランダに留学。 中央大学講師を務め、1987年、夫の東京大学文学部教授永積昭の死後、東京大学文学部教授となり、東大文学部初の女性教官となった。 1991年、初の単著『近世初期の外交』で和辻哲郎文化賞受賞。 同年、定年退官後は城西大学経済学部教授、現在、東洋文庫研究員。 いつくつかの著書・論文の共著・共訳者...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガズミ ヨウコ
人物別名 永積洋子

Nagazumi, Yoko
生年 1930年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ドゥーフ日本回想録 H.ドゥーフ 著 ; 永積洋子 訳 雄松堂
2003.8
朱印船 永積洋子 著 吉川弘文館
2001.10
平戸オランダ商館日記 : 近世外交の確立 永積洋子 著 講談社
2000.6
「鎖国」を見直す 永積洋子 編 国際文化交流推進協会
山川出版社
1999.5
鎖国と国際関係 中村質 編 吉川弘文館
1997.8
海外交渉史 永積洋子[著] ; 佐藤昌一郎編 法政大学通信教育部
1995.3
アジア交易圏と日本工業化1500-1900 浜下武志, 川勝平太 編 リブロポート
1991.6
近世初期の外交 永積洋子 著 創文社
1990.3
近世日本の国家形成と外交 ロナルド・トビ 著 ; 速水融 ほか訳 創文社
1990.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想