小川 剛生   (1971-)

小川 剛生(おがわ たけお、1971年 - )は、日本の国文学者。 慶應義塾大学准教授。 専攻は中世和歌史。 [略歴] 東京生まれ。 慶應義塾大学文学部国文学専攻卒業、同大学院博士課程中退。 熊本大学文学部講師、同助教授を経て、国文学研究資料館助教授、2007年准教授、2009年慶應義塾大学文学部准教授。 1999年 「室町期の即位灌頂-東山御文庫蔵「後福照院関白消息」をめぐって」で第25回日本古典文学会賞を受賞。 2000年 「二条良基の研究―中世公家の学問世界―」を慶應義塾大学に提出し文学博士の学位を取得。 2006年 『二条良基研究』で第28回角川源義賞を受賞(最年少)。 なお卒業論文...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オガワ タケオ
人物別名 小川剛生
生年 1971年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
二条良基 小川剛生著 ; 日本歴史学会編集 吉川弘文館
2020.2
徒然草をよみなおす 小川剛生著 筑摩書房
2020.10
和歌史の中世から近世へ 浅田徹 [ほか] 編 花鳥社
2020.11
国文学研究資料館所蔵松野陽一文庫分類目録 海野圭介 [ほか] 編 花鳥社
2020.11
中世和歌史の研究 小川剛生 著 塙書房
2017.5
兼好法師 小川剛生 著 中央公論新社
2017.11
武士はなぜ歌を詠むか 小川剛生 著 Kadokawa
2016.6
迎陽記 [東坊城秀長] [著] ; 小川剛生 校訂 八木書店
八木書店古書出版部
2016.12
徒然草 兼好法師 [著] ; 小川剛生 訳注 Kadokawa
2015.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想