永田 菊四郎   (1895-1969)

永田 菊四郎(ながた きくしろう、1895年(明治28年)11月29日 - 1969年(昭和44年)9月18日)は、長崎県出身の民法学者。 法学博士。 弁護士。 日本大学第5代総長、同名誉総長。 [人物] 日本における知的財産権、工業所有権法の権威であり、親族法や相続法の著名な研究でも知られている。 民法学研究の為に28歳の時に単独渡独し、当時の日本人にとっては至難の業とされた海外での博士号を取得(博士論文は、ドイツ語論文『登記簿と工業所有権保護の役割』B5判、127ページ)した。 総長就任後は、日本大学の付属高等学校(長崎日本大学高等学校)の設立に尽力、日大紛争の収束に努めた。 [経歴]...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガタ キクシロウ
人物別名 永田菊四郎
生年 1895年
没年 1969年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
債権各論 永田菊四郎著 テイハン
1978.4
物権法 永田菊四郎著 帝国判例法規出版社
1972.6序
法学概論 永田菊四郎, 北島照明 共著 法学書院
1969
若い力 永田菊四郎[著] 文京
1968
勉学の泉 永田菊四郎 [著] 日本大学
[1967]
日本大学の教育 永田菊四郎著 文京
1967.3
日本大学の精神 永田菊四郎著 文京
1966.1
日本大学の精神 永田菊四郎著 学習図書出版社
1966.1
民法の論点 永田菊四郎, 山主政幸 共著 法学書院
1965
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想