長沼 賢海   (1883-1980)

長沼賢海(ながぬま けんかい、1883年3月26日-1980年7月14日)は、日本史学者。 新潟県出身。 東京帝国大学卒。 東京府立第一中学校教諭、広島高等師範学校教授、1925年九州帝国大学国史学科初代教授。 のち香椎中学校長、久留米大学教授。 孫に大隅和雄。 [著書] 『英雄の信仰』実業之日本社、1914 『国民思想と国史』大鐙閣、1919 『参考日本歴史』博文館 1919 『日本の文明と仏教』大鐙閣 1919 『福神研究恵比須と大黒』丙午出版社、1921 『日本宗教史の研究』教育研究会、1928 『南蛮文集』編 春陽堂 1929 『尾道郷土史論』尾道市教育会 1932...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガヌマ ケンカイ
人物別名 長沼賢海
生年 1883年
没年 1980年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本仏教史論攷 長沼賢海 著 長沼正光
2010.6
日本の海賊 長沼賢海 著 長沼正光
2009.12
日本海事史研究 長沼賢海 著 九州大学出版会
1996.3
大黒信仰 大島建彦 編 雄山閣
1990.10
九州と外交・貿易・キリシタン 藤野保 編 国書刊行会
1985.1
九州と外交・貿易・キリシタン 藤野保 編 国書刊行会
1985.2
天神信仰 村山修一 編 雄山閣
1983.8
太宰府小史 西高辻信貞 編纂 葦書房
1980.4
日本海事史研究 長沼賢海 著 九州大学出版会
東京大学出版会
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想