上野 加代子   (1957-)

上野 加代子(うえの かよこ、1957年 - )は、日本の社会学者、徳島大学教授。 1980年関西大学社会学部社会学科卒業、1989年大阪市立大学大学院生活科学科生活福祉学(家族社会学専攻)後期博士課程単位修得満期退学、1992年聖カタリナ女子大学社会福祉学部講師、1999年武庫川女子大学文学部人間関係科学科助教授、徳島大学総合科学部教授、同ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部教授。 2004年「児童虐待問題の社会学的研究」で博士(学術)(大阪府立大学) 。 [著書] 『児童虐待の社会学』世界思想社、1996 『国境を越えるアジアの家事労働者 女性たちの生活戦略』世界思想社、2011 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウエノ カヨコ
人物別名 上野加代子
生年 1957年
没年 -
職業・経歴等 社会学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
虐待リスク : 構築される子育て標準家族 上野加代子著 生活書院
2022.1
子どもを産む・家族をつくる人類学 松岡悦子 編 勉誠
2017.2
国境を越えるアジアの家事労働者 上野加代子 著 世界思想社
2016.11
ジェンダーで学ぶ社会学 伊藤公雄, 牟田和恵 編 世界思想社
2015.10
国境を越えるアジアの家事労働者 : 女性たちの生活戦略 上野加代子 著 世界思想社
2011.12
児童虐待のポリティクス : 「こころ」の問題から「社会」の問題へ 上野加代子 編著 ; 山野良一, リーロイ・H.ペルトン, 村田泰子, 美馬達哉 著 明石書店
2006.2
21世紀アジア家族 落合恵美子, 上野加代子 編著 明石書店
2006.12
ソーシャルワークの社会的構築 : 優しさの名のもとに レスリー・マーゴリン 著 ; 中河伸俊, 上野加代子, 足立佳美 訳 明石書店
2003.3
〈児童虐待〉の構築 : 捕獲される家族 上野加代子, 野村知二 著 世界思想社
2003.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想