永井 久一郎   (1852-1913)

永井 久一郎(ながい きゅういちろう、嘉永5年8月2日(1852年9月15日) - 大正2年(1913年)1月2日)は、日本の漢詩人、官僚。 文部省、内務省、帝国大学などに勤め、のち日本郵船に転じた。 正四位。 名は匡温(まさはる)また温、字は伯良・耐甫、号は禾原(かげん)・来青。 通称、久一郎。 永井荷風の父。 [生涯] 帯刀を許された豪農永井家に生まれた。 尾張藩に仕え、儒学・俳諧・茶道に通じる子孫が多かったという。 父は鳴尾永井家の11代目・匡威(まさたけ)。 桓武平氏良兼流長田氏の庶家である永井氏の傍系で、親致を祖とする「鳴尾永井氏」の後裔である。 久一郎の詩集『来青閣集』によれば、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガイ キュウイチロウ
人物別名 永井久一郎

永井, 禾原
生年 1852年
没年 1913年
職業・経歴等 内務官僚

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
幕末明治中国見聞録集成 小島晋治 監修 ゆまに書房
1997.10
赴清實業團誌 - 東京商業会議所
1914.12
来青閣集 : 10巻附1巻 永井久一郎 著 永井久一郎
1913
来青閣集 : 10巻附1巻 永井久一郎 著 永井久一郎
1913
来青閣集 : 10巻附1巻 永井久一郎 著 永井久一郎
1913
来青閣集 : 10巻附1巻 永井久一郎 著 永井久一郎
1913
観光私記 永井久一郎 (禾原) 著 永井久一郎
明43.9
雪炎百日吟稿 永井久一郎 著 [ ]
明38
西游詩続稿 永井久一郎 著 来青閣
明35
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想