村松 常雄   (1900-1981)

村松 常雄(むらまつ つねお、1900年4月12日 - 1981年8月30日)は、日本の医学者、精神科医。 東京出身。 東京帝国大学医学部卒。 名古屋大学助教授、1950年教授、1960年医学部長。 1964年定年退官、東京都立松沢病院副院長、国立精神衛生研究所長。 妻は田部隆次の娘。 村松剛、村松英子の父。 [著書] 精神衛生 金原商店 1930 (横手社会衛生叢書 神経系統と精神衛生 学術書院 1950 (健康教育教材解説 異常心理学 異常行動の基礎理論 異常心理総論 異常心理学講座 みすず書房 1955 人間の心のふしぎ 精神科医の人間観 1966 (講談社現代新書) 「性」...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ムラマツ ツネオ
人物別名 村松常雄
生年 1900年
没年 1981年
職業・経歴等 医学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の子ども研究 : 明治・大正・昭和 大泉溥 編・解説 クレス
2010.9
不安と祈りの心理 村松常雄 著 講談社
1980.5
新精神衛生 : 精神医学的人間学 村松常雄, 高臣武史 共著 南山堂
1978.2
「性」の人間学 : 精神科医の立場から 村松常雄 著 講談社
1978.6
精神鑑定と裁判判断 : 諸鑑定例について法律家との協力検討 村松常雄, 植村秀三 共著 金原
1975
神経症 : その本質と臨床 村松常雄 編著 金原
1972
人間の心のふしぎ : 精神科医の人間観 村松常雄 著 講談社
1966
精神衛生 村松常雄 著 南山堂
1966 9版
人間の心のふしぎ : 一精神科医の人間観 村松常雄著 講談社
1966.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想