村橋 俊介   (1908-2009)

村橋 俊介(むらはし しゅんすけ、1908年 - 2009年1月16日)は京都府京都市出身の高分子化学者。 1952年(昭和27年)より大阪大学の理学部の教授となり、1959年(昭和34年)には理学部長であった正田健次郎、赤堀四郎、仁田勇らと共に日本で最初の高分子学科を大阪大学に開設した。 2009年1月16日、老衰により101歳で亡くなった。 [出典] 日本の化学者 高分子化学者 大阪大学の教員 京都市出身の人物 1908年生 2009年没 長寿の人物

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ムラハシ シュンスケ
人物別名 村橋俊介
生年 1908年
没年 2009年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
高分子化学 村橋俊介, 小高忠男, 蒲池幹治, 則末尚志 編 共立
2007.9
高分子化学 村橋俊介 [ほか]編著 共立
1993.4
高分子化学 村橋俊介 [ほか]編著 共立
1983.5
合成高分子 村橋俊介, 井本稔, 谷久也 編集 朝倉書店
1975
合成高分子 村橋俊介, 井本稔, 谷久也 編集 朝倉書店
1975
高分子化学 村橋俊介, 谷久也 編著 共立
1974
合成高分子 村橋俊介, 井本稔, 谷久也 編集 朝倉書店
1971
合成高分子 村橋俊介, 井本稔, 谷久也 編集 朝倉書店
1971
合成高分子 村橋俊介, 井本稔, 谷久也 編集 朝倉書店
1970
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想