森田 草平   (1881-1949)

岐阜県方県郡鷺山村生まれ。東京大学英文科卒。夏目漱石に師事し、安部能成、小宮豊隆、鈴木三重吉とともに四天王に数えられる。1908(明治41)年、平塚らいてうとの恋愛事件が話題になるが、社会的に葬り去られようとしたため、翌年この事件をもとにした「煤煙」を執筆し始める。のち翻訳や歴史小説も著した。イプセン、ドストエフスキー、セルバンテス、ダヌンツィオ、ボッカチオなど多数の訳書で海外文芸を日本に紹介した功績は大きい。(大久保ゆう)Wikipedia「森田草平

「青空文庫」より

森田 草平(もりた そうへい、1881年(明治14年)3月19日 - 1949年(昭和24年)12月14日)は、作家・翻訳家。 本名森田 米松。 夏目漱石の門下生の一人であるが、特に私生活での不祥事が多かったことから、門下生の中では異色の存在として扱われることが多い。 [経歴] 岐阜県方県郡鷺山村(現・岐阜市)生まれ。 攻玉社から日本中学校を経て第四高等学校に入学するが、女学生と恋愛問題を起こして退学処分を受ける。 その後第一高等学校に入り直し、1906年(明治39年)に東京帝国大学英文科を卒業。 卒業後、岐阜に帰郷するが夏目漱石の『草枕』に感銘を受け妻子を郷里に置いて上京、漱石の元へ足繁く...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリタ ソウヘイ
人物別名 森田草平
生年 1881年
没年 1949年
職業・経歴等 小説家
をも見よ 森田, 米松(1881-1949)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
漱石と「學鐙」 小山慶太 編著 ; 夏目金之助, 森田草平, 木下順二, 半藤一利, 村上陽一郎 他著 丸善
2017.1
森田草平短編名作集 森田草平 著 ; 森崎憲司 編集責任 岐阜新聞情報センター
岐阜新聞社
2010.2
クリスマス・キャロルDVD book チャールズ・ディケンズ 著 宝島社
2008.12
夕づゝ : 翻刻・註釈・解題 森田米松 ほか著 ; 日本大学大学院文学研究科『夕づゝ』翻刻の会 編 日本大学大学院文学研究科曾根博義研究室
2004.3
紅芙蓉 : 長編小説 森田草平 著 森田草平記念館
2000.3
詳注煤煙 森田草平 原著 ; 佐々木英昭 編注 ; 根岸正純 共同注釈 国際日本文化研究センター
1999.3
詳注煤煙 森田草平原著 ; 佐々木英昭編注 ; 根岸正純共同注釈 国際日本文化研究センター
1999.3
輪廻 森田草平 作 本の友社
1998.10
輪廻 森田草平作 本の友社
1998.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想