森田 誠吾   (1925-2008)

森田 誠吾(もりた せいご、本名:堀野 誠吾、1925年10月25日 - 2008年10月16日)は、日本の小説家。 [人物] 東京出身。 東京府立第一商業学校(現東京都立第一商業高等学校)卒業後旧制東京商科大学(一橋大学の前身)中退。 久保栄・滝沢修・薄田研二が結成した東京芸術劇場の研究生となり、特に劇作家久保栄に師事する。 久保との関係は久保の死(1958年3月15日)まで続く。 森田の『曲亭馬琴遺稿』には、久保の戯曲『火山灰地』(1938年)や長編小説『のぼり窯』(1951年)の影響が見受けられる。 東京芸術劇場解体後、実家の広告制作会社精美堂社長を務めていた。 1981年に『曲亭馬琴...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリタ セイゴ
人物別名 森田誠吾
生年 1925年
没年 2008年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明治人ものがたり 森田誠吾 著 岩波書店
1998.9
いろはかるた噺 森田誠吾 著 筑摩書房
1998.11
江戸の夢 森田誠吾 著 新潮社
1997.11
中島敦 森田誠吾 著 文芸春秋
1995.1
彩雲 森田誠吾 著 文芸春秋
1994.8
江戸の明け暮れ 森田誠吾 著 新潮社
1992.11
銀座八邦亭 森田誠吾 著 文芸春秋
1992.12
滝沢馬琴 徳田武, 森田誠吾 [著] 新潮社
1991.4
彩雲 森田誠吾 著 文芸春秋
1990.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想