鳩山 和夫   (1856-1911)

鳩山 和夫(はとやま かずお、1856年5月6日〈安政3年4月3日〉 - 1911年〈明治44年〉10月3日)は、江戸時代末期の美作勝山藩士。 明治維新後は政治家、代言人(弁護士)。 正四位勲三等法学博士。 外務次官、衆議院議長を歴任し、教育でも専修学校(のち専修大学)の設立に大きく貢献をした功労者である。 また、東京専門学校(のち早稲田大学)の校長なども務めた。 長男は鳩山一郎、次男は鳩山秀夫。 鳩山威一郎は孫。 鳩山由紀夫・鳩山邦夫は曾孫に当たる。 [生涯] 1856年5月6日、武蔵国江戸虎門(のち東京都港区)に美作勝山藩(のち岡山県真庭市)の藩士・鳩山十右衛門博房の四男として生まれる。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハトヤマ カズオ
人物別名 鳩山和夫
生年 1856年
没年 1911年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本立法資料全集 メイン【著】<Maine Henry Sumner>;鳩山 和夫【訳】 信山社
2004.2
日本立法資料全集 マークビー ウイルアム【原著】<Markby William>;鳩山 和夫【校正】;安藤 一太郎;小野 徳太郎【訳】 信山社
2004.11
日本立法資料全集 マークビー ウイルアム【原著】<Markby William>;小野 徳太郎【訳】 信山社
2004.11
社会事林 石川栄司 編 ; 鳩山和夫 等監修 昭文堂
明44.10
新刑法註釈書 樋口善太郎 編 ; 鳩山和夫 閲 盛文社
明42.12
破産法早わかり 藤井浜次郎 著 ; 鳩山和夫 閲 品川書籍店
明41.7
社会事林 石川栄司 編 ; 鳩山和夫 等監修 育成会
明37-38
通俗戦時国際公法 : 日露事件新例引照 飯田寛助, 高原仲治 編 ; 鳩山和夫 閲 東光館
明37.3
通俗戦時国際公法 小西信良 編 ; 鳩山和夫 閲 中央青年倶楽部
明37.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
緬氏古代法 メイン, 鳩山 和夫
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想