田中 苗太郎   (1869-1910)

京都市上京生まれ。明治24年(1891)に帝国大学医科大学を卒業し、翌年に陸軍軍医となる。日清戦争の際は広島陸軍予備病院に勤務。33年(1900)医学博士の学位を受ける。論文は陸軍軍医界における創始的研究と評された。翌年ドイツ留学を命じられたが病により果たせず。のち順天堂病院を経て市立鹿児島病院外科医長となった。

「近代日本人の肖像」より

この人物の情報

人物名ヨミ タナカ ナエタロウ
人物別名 田中苗太郎
生年 1869年
没年 1910年
職業・経歴等 陸軍軍人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
外科診断学 ランデレル 著 ; 田中苗太郎 訳 吐鳳堂
明40
西洋按摩術講義 河合杏平 述 ; 田中苗太郎 閲 南江堂
明39.7
外科診断学 ランデレル 著 ; 田中苗太郎 訳 吐鳳堂
明30
外科診断学 ランデレル 著 ; 田中苗太郎 訳 吐鳳堂
明30
義肢測尺法 田中苗太郎 編 陸軍省医務局
明28.8
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想