大給 恒   (1839-1910)

大給 恒(おぎゅう ゆずる)は、日本の大名、政治家、華族。 三河奥殿藩の第8代藩主、のちに信濃田野口藩(竜岡藩)の藩主。 奥殿藩大給松平家10代。 江戸幕府の老中格、老中、若年寄。 明治維新後は伯爵となる。 日本赤十字社の創設者の一人として知られる。 旧名は松平 乗謨(まつだいら のりかた)。 [経歴] 天保10年(1839年)11月13日、三河奥殿藩の第7代藩主・松平乗利の長男として生まれる。 幼少時から聡明で知られ、西洋事情にも通じていたとされる。 嘉永5年(1852年)3月8日、父の隠居により家督を継いだ。 6月には竹橋御門番に任じられた。 嘉永6年(1853年)のペリー来航後、軍備の...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オギュウ ユズル
人物別名 大給恒

大給, 亀崖
生年 1839年
没年 1910年
職業・経歴等 大名

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
煙草のむひま : 亀崕随筆 大給恒 (亀崕) 著 大給恒
明30.4
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想