森 鴎外   (1862-1922)

島根生まれ。文学者、軍医。父は津和野藩典医。明治14年(1881)東京大学医学部を卒業後軍医となり、17年(1884)~21年(1888)ドイツに留学。40年(1907)には陸軍軍医総監・陸軍医務局長になり、軍医として最高職についた。大正5年(1916)予備役となり、6年(1917)帝室博物館長兼図書頭。公務のかたわら、小説家、評論家、翻訳家として活躍。代表作に『舞姫』(1890)、『うたかたの記』(1890)、翻訳『即興詩人』(1892~1901)、『ヰタ・セクスアリス』(1909)、『雁』(1911)、『阿部一族』(1913)、『山椒大夫』(1915)、『高瀬舟』(1916)、史伝『渋江抽斎』(1916)などがある。

「近代日本人の肖像」より

本名林太郎。石見国鹿足郡津和野町(現・島根県鹿足郡津和野町)生まれ。代々津和野藩亀井家の典医の家柄で、鴎外もその影響から第一大学区医学校(現・東大医学部)予科に入学。そして、両親の意に従い陸軍軍医となる。1884(明治17)年から5年間ドイツに留学し衛生学などを学ぶ。「舞姫」「うたかたの記」「文づかひ」「大発見」「ヰタ・セクスアリス」などに、そのドイツ時代の鴎外を見て取ることができる。その後、陸軍軍医総監へと地位を上り詰めるが、創作への意欲は衰えず、「高瀬舟」「阿部一族」などの代表作を発表する。Wikipedia「森鴎外

「青空文庫」より

森 外(もり おうがい、1862年2月17日(文久2年1月19日) - 1922年(大正11年)7月9日)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。 位階勲等は従二位・勲一等・功三級・医学博士・文学博士。 本名は森 林太郎(もり りんたろう)。 石見国津和野(現・島根県津和野町)出身。 東京大学医学部卒業。 大学卒業後、陸軍軍医になり、陸軍省派遣留学生としてドイツで4年過ごした。 帰国後、訳詩編「於母影」、小説「舞姫」、翻訳「即興詩人」を発表する一方、同人たちと文芸雑誌『しがらみ草紙』を創刊して文筆活動に入った。 その後、日清戦争出征や...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリ オウガイ
人物別名 森鴎外

Mori, Rintaro

Rintaro Mori

Mori, Ogai

Ogai Mori

森, 鷗外

森, 林太郎
生年 1862年
没年 1922年
職業・経歴等 文学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
元号通覧 森鷗外 [著] 講談社
2019.5
鷗外・ドイツ青春日記 森鷗外著 ; 荻原雄一現代語訳 未知谷
2019.6
中島敦 ; 神西清 ; 石川淳 ; 芥川龍之介 ; 森鷗外 中島敦著 ; 矢川澄子編 ; 神西清著 ; 池内紀編 ; 石川淳著 ; 池内紀編 ; 芥川龍之介著 ; 橋本治編 ; 森鷗外著 ; 須永朝彦編 国書刊行会
2018.3
鷗外・ドイツみやげ三部作 森鷗外著 ; 荻原雄一現代語訳 未知谷
2018.5
塵泥 森鴎外 著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2017.3
高瀬舟・最後の一句ほか 森鷗外 著 筑摩書房
2017.5
青年 森鷗外 作 岩波書店
2017.4
横浜 八木澤高明 編 皓星社
2017.6
賀古鶴所 文京区立森鴎外記念館企画・編集 文京区立森鷗外記念館
2017.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想