森 於莵   (1890-1967)

Wikipedia「森於菟

「青空文庫」より

森 於菟(もり おと、1890年9月13日 - 1967年12月21日)は日本の医学者(解剖学が専門)。 専門書の他に、父森鴎外の回想記と随筆を著した。 [来歴] 1890年9月13日に東京府で、森鴎外と最初の妻・登志子(海軍中将赤松則良の長女)との間に長男として生まれた。 その直後に両親が離婚、生まれて間もない授乳期の於菟は、数え年の5歳まで本郷森川町のタバコ屋、平野甚三方(歌人平野万里の実家)に預けられた。 森家に引き取られると、支配的な祖母の峰によって厳しく育てられ、父鴎外と同じように熱心な教育を受けた。 生き別れた実母が1900年に病死。 1902年に父鴎外が再婚。 新しい母ができた...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリ オト
人物別名 森於莵

森, 於菟
生年 1890年
没年 1967年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
耄碌寸前 森於菟 著 みすず書房
2010.10
父親としての森鴎外 森於莵 著 筑摩書房
1993.9
新編解剖刀を執りて 森於莵 著 筑摩書房
1989.5
鴎外遺珠と思ひ出 森於菟, 森潤三郎 編 日本図書センター
1987.10
医学者の手帖 緒方富雄, 森於菟 著 学生社
1978.9
父親としての森鴎外 森於菟 著 筑摩書房
1969
小組織学 森於菟, 小川鼎三 共著 金原
1956 12版
父親としての森鴎外 森於菟 著 大雅書店
1955 2版
小組織学 森於菟, 小川鼎三 共著 日本医書
1951
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想