森 類   (1911-1991)

森 類(もり るい、1911年(明治44年)2月11日 - 1991年(平成3年)3月7日)は、日本の随筆家。 [経歴] 1911年東京市本郷駒込千駄木21番地に文豪森鴎外の三男として生まれる。 母方の祖父荒木博臣は大審院判事。 1923年誠之尋常小学校卒業。 1924年旧制国士舘中学に入学。 国士舘中学2年修了時に中途退学。 同年から絵画を学び始め、画家長原孝太郎に師事。 1927年から川端画学校に学ぶ。 1931年には次姉の小堀杏奴と共に藤島武二に師事。 同年11月、杏奴と共にパリへ遊学。 1934年1月に日本へ帰国。 1936年から長姉茉莉と二人で生活(1941年3月の類の結婚まで)。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリ ルイ
人物別名 森類
生年 1911年
没年 1991年
職業・経歴等 随筆家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
森家の人びと : 鴎外の末子の眼から 森類 著 三一書房
1998.6
鴎外の子供たち : あとに残されたものの記録 森類 著 筑摩書房
1995.6
鴎外の子供たち : あとに残されたものの記録 森類 著 光文社
1956
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想