森 宏一   (1901-1993)

森 宏一(もり こういち、1901年8月21日 - 1993年2月9日)は、日本の哲学者。 東京府出身。 本名は杉原圭三。 東京帝国大学卒業。 唯物論研究会の創立以来の会員として活動、社会主義の立場から、実存主義、西田幾多郎・田辺元の哲学を批判した。 厚木たかの夫だった時期がある。 [著書] 近代唯物論 三笠書房 1935 日本イデオロギーの系譜 真善美社 1947 田辺哲学批判 夏目書店 1947 弁証法的唯物論 ナウカ社 1948 (ナウカ講座) 近代唯物論史 三笠書房 1951 毛沢東「矛盾論」入門 新科学社 1953 (新科学の基礎知識) 現代の哲学 五月書房 1954 (マルクス主...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリ コウイチ
人物別名 森宏一
生年 1901年
没年 1993年
職業・経歴等 哲学者
をも見よ 杉原, 圭三(1901-1993)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
哲学辞典 森宏一 編 青木書店
2000.12
唯物論と経験批判論 レーニン 著 ; 森宏一 訳 新日本出版社
1999.6
唯物論と経験批判論 レーニン 著 ; 森宏一 訳 新日本出版社
1999.5
フォイエルバッハ論 エンゲルス [著] ; 森宏一 訳 新日本出版社
1998.11
哲学辞典 森宏一 編 青木書店
1995.4
19世紀ロシアにおけるユートピア社会主義思想 森宏一 編訳 光陽出版社
1994.3
ロシア思想史 森宏一 著 同時代社
1990.7
十八世紀フランスの社会思想の発展 ヴァチェスラフ・ペ・ヴォルギン 著 ; 森宏一 訳 同時代社
1990.9
十八世紀のフランスの社会思想の発展 ペ・ヴォルギン ヴァチェスラフ【著】;森 宏一【訳】 同時代社
1990.9.20
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想