尾藤 正英   (1923-2013)

尾藤 正英(びとう まさひで、1923年9月1日 - 2013年5月4日)は、日本の歴史学者。 東京大学名誉教授。 専門は日本近世史、特に江戸時代の儒学者の思想研究。 文学博士(名古屋大学、1962年)(学位論文「幕藩体制の政治的原理と朱子学との関係に関する研究」)。 史学会理事長などを経て、2002年 日本学士院会員。 大阪府大阪市出身。 [経歴] 1949年 東京大学文学部国史学科卒業 1958年 名古屋大学文学部講師 1962年 名古屋大学文学部助教授 1962年 東京大学文学部助教授 1970年 東京大学文学部教授 1984年 千葉大学文学部教授・東京大学名誉教授 1988年 川村学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ビトウ マサヒデ
人物別名 尾藤正英

Bito, Masahide

비토, 마사히데
生年 1923年
没年 2013年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本の国家主義 尾藤正英 著 岩波書店
2014.5
荻生徂徠「政談」 荻生徂徠 著 ; 尾藤正英 抄訳 講談社
2013.1
江戸時代とはなにか : 日本史上の近世と近代 尾藤正英 著 岩波書店
2006.4
新選日本史B 尾藤正英 [ほか] 著 東京書籍
2004.2
安藤昌益 尾藤正英, 松本健一, 石渡博明 編著 光芒社
2002.1
日本文化の歴史 尾藤正英 著 岩波書店
2000.5
新選日本史B 尾藤正英 [ほか] 著 東京書籍
1999.2
日本史B 尾藤正英 [ほか] 著 東京書籍
1999.2
新選日本史B 尾藤正英 [ほか] 著 東京書籍
[1998]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想