水守 亀之助   (1886-1958)

水守 亀之助(みずもり かめのすけ、1886年6月22日 - 1958年12月15日)は兵庫県出身の小説家。 相生生まれ。 大阪の医専を中退して1906年に上京し、1907年には田山花袋に入門。 1914年、徳田秋声の紹介で中央公論社に入るも1日で退職。 1919年、中村武羅夫の紹介で新潮社に入社。 『新潮』編集部に入る。 編集者生活の傍ら、自然主義の影響下に『末路』『帰れる父』などを発表。 中村武羅夫や加藤武雄と共に新潮三羽烏と称された。 1945年5月、東京大空襲で罹災し、妻を喪うと共に自身も顔面に大火傷を負い、自宅を失う。 餓死の噂を立てられたこともあるが、1953年、朝日新聞社から随筆...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミズモリ カメノスケ
人物別名 水守亀之助
生年 1886年
没年 1958年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
少年小説大系 二上洋一編 三一書房
1995.7
北海道文学全集 藤森成吉 [ほか] 著 立風書房
1980.5
類語・文例辞典 水守亀之助 編 柏書房
1980.12
わが文壇紀行 水守亀之助 著 朝日新聞社
1954
わが文壇紀行 水守亀之助 著 朝日新聞社
1953
殘月の曲 : 少年少女小説 水守龜之助 著 ポプラ社
1950.3
母の行くえ 水守亀之助 著 ; 辰巳まさ江 絵 天馬社
昭和24
泥から出た天使 水守亀之助 著 ; 大槻さだを 絵 天馬社
昭和24
涙の握手 水守亀之助 著 ; 田中良 絵 ポプラ社
昭和23
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想