高谷 竜州   (1818-1895)

高谷 龍洲(たかたに りゅうしゅう、文政元年5月25日(1818年6月28日) - 明治28年(1895年))は、幕末の豊前中津藩の漢学者・儒学者。 福澤諭吉の母の再従兄弟にあたる。 維新後は東京府芝愛宕町で私塾「済美黌(せいびこう)」をおこし、門下から中江兆民や二葉亭四迷、福地源一郎などを輩出した。 名は衷、字は疑夫、通称は薫平。 龍洲は号。 [生涯] 豊前中津藩の下級藩士として生まれる。 帆足万里の直系にあたる門下生であり、荘子に傾倒した。 維新後、京都の学習院教授となったがのち辞任して、明治6年(1873年)に旧藩主の奥平昌邁などについて東上して、中津藩江戸藩邸の慶應義塾付近の芝愛宕町...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカタニ リュウシュウ
人物別名 高谷竜州

高谷, 衷

高谷, 疑夫

高谷, 薫平
生年 1818年
没年 1895年
職業・経歴等 学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本全史 高谷竜州 著 高谷竜州
明12.12
日本全史 高谷竜州 著 高谷竜州
明12.12
日本全史 高谷竜州 著 高谷竜州
明12.12
日本全史 高谷竜州 著 高谷竜州
明12.12
日本全史 高谷竜州 著 高谷竜州
明12.12
日本全史 高谷竜州 著 高谷竜州
明12.12
日本全史 高谷竜州 著 高谷竜州
明12.12
日本全史 高谷竜州 著 [ほか]
高谷竜州
明12.12
日本全史 高谷竜州 著 高谷竜州
明12.12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想