宮崎 義一   (1919-1998)

宮崎 義一(みやざき よしかず、1919年12月5日 - 1998年5月20日)は日本の経済学者。 京都大学名誉教授、経済学博士(北海道大学、1961年)(学位論文「近代経済学の経済像に関する研究」)。 元日本学士院会員。 経済政策に通じ、日本経済の分析を行った。 東京商科大学(現一橋大学)で杉本栄一、都留重人らの指導を受けた。 大学卒業後、海軍士官となり、1946年12月横浜高等商業学校(現横浜国立大学)に就職。 『複合不況』(中公新書)はベストセラーになり、1992年の新語・流行語大賞にもなった。 『世界経済をどう見るか』で毎日出版文化賞。 論文「過当競争の論理と現実」(1962年)でエコ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤザキ ヨシカズ
人物別名 宮崎義一
生年 1919年
没年 1998年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
景気循環論 ハロッド [著] ; 宮崎義一 訳 中央公論新社
2011.11
貨幣改革論 若き日の信条 ケインズ 著 ; 宮崎義一, 中内恒夫 訳ケインズ 著 ; 宮崎義一, 中内恒夫 訳 中央公論新社
2005.11
戦後日本の経済機構 宮崎義一 著 新評論
2002.12
ポスト複合不況 : 21世紀日本経済の選択 宮崎義一 著 岩波書店
1997.1
国民経済の黄昏 : 「複合不況」その後 宮崎義一 著 朝日新聞社
1995.3
複合不況 : ポスト・バブルの処方箋を求めて 宮崎義一 著 中央公論社
1992.6
変わりゆく世界経済 : 「トランスナショナル・シビル・ソサイェティ」への途 宮崎義一 著 有斐閣
1990.10
ドルと円 : 世界経済の新しい構造 宮崎義一 著 岩波書店
1988.9
円高と日本経済 : 債権国日本・債務国アメリカ 第13回講演会 宮崎義一 述 ; 日本海技協会 編 日本海技協会
1987.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想