宮内 寒弥   (1912-1983)

宮内 寒弥(みやうち かんや、1912年2月29日(戸籍上は28日) - 1983年3月5日)は、小説家。 本名・池上子郎。 岡山県生まれ。 早稲田大学英文科卒、1935年「中央高地」で芥川賞候補。 左翼同伴者文学の書き手だったが、弟の自殺を機に『からたちの花』(1942)などの私小説に転じる。 1944年召集により呉海兵団入団。 呉鎮防空指令所暗号室勤務。 戦後は、水兵としての召集の体験を描いた「憂鬱なる水兵」(1946)があるが、その後は少女小説や児童向け翻訳で糊口を凌いでいたが、1978年、父と1908年の七里ヶ浜遭難事件のことを描いた『七里ヶ浜』で平林たい子文学賞を受賞したことで一躍話...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤウチ カンヤ
人物別名 宮内寒弥

池上, 子郎
生年 1912年
没年 1983年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
早稲田作家処女作集 早稲田文学, 市川真人 編 講談社
2012.6
宮内寒弥小説集成 - 作品社
1985.5
七里ケ浜 宮内寒弥 著 新潮社
1978.1
新高山登レ一二〇八 : 追跡戦記 日本海軍の暗号付(第6章:日本陸軍の暗号) 宮内寒弥 著 六興
1975
赤と黒 スタンダール 作 ; 宮内寒弥 訳 ; 矢車涼 絵 偕成社
1973
赤と黒 スタンダール 作 ; 宮内寒弥 訳 ; 矢車涼 絵 偕成社
昭和43
極北生活三十年 シャックルトン 著 ; 宮内寒弥 訳 ; 山本甚作 絵ウェルツル 著 ; 宮内寒弥 訳 ; 山本甚作 絵 偕成社
昭和39
僕のガールフレンド 宮内寒弥 著 秋元書房
1964
南極からの脱出 ; 極北生活三十年 シャックルトン[著] ; 宮内寒弥訳 ; ヤン・ウェルツル[著] ; 宮内寒弥訳 偕成社
1964.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想