宮崎 夢柳   (1855-1889)

宮崎夢柳(みやざき むりゅう、1855年 - 1889年7月23日)は、高知県出身で幕末~明治初期に活躍した自由民権派のジャーナリスト。 本名は宮崎富要(みやざき とみやす)。 別号に芙蓉、戯号に夢柳狂士がある。 [来歴・人物] 1855年(安政2年)、土佐国に生まれた。 藩校致道館に学び、坂崎紫瀾らと交わった事により、政治小説への道を志した。 『高知新聞』(明治の自由党系新聞。 現在の高知新聞とは無関係)記者を経て、1882年上京。 アメリカ、ヨーロッパの政治小説を翻訳し、『自由新聞』や『絵入自由新聞』、『自由燈』などに連載した。 1884年~1885年に連載した「虚無党実伝記鬼啾啾(こむ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤザキ ムリュウ
人物別名 宮崎夢柳

宮崎, 富要
生年 1855年
没年 1889年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
虚無党実伝記鬼啾啾 宮崎夢柳 編著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2007.3
自由乃凱歌 デュマ 原著 ; 宮崎夢柳 訳 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2007.3
魯西国虚無党冤枉乃鞭笞 宮崎夢柳 編著 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2006.4
一滴千金憂世の涕涙 (なみだ) キング 著 ; 宮崎夢柳 訳 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2005.9
日本近代文学大系 越智治雄解説 ; 山田有策, 前田愛注釈 角川書店
1974
政治小説・坪内逍遙・二葉亭四迷集 宮崎夢柳 [ほか] 著 筑摩書房
1971.2
高峯の荒鷲 : 勤王済民 宮崎夢柳編述 日吉堂
1893.12
自由の凱歌 : 仏蘭西革命記 アレキサンダー・ヂューマ 著 ; 宮崎夢柳 (富要) 訳 盛業館
明21-22
自由の凱歌 : 仏蘭西革命記 アレキサンダー・ヂューマ 著 ; 宮崎夢柳 (富要) 訳 盛業館
明21-22
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想