加納 久宜   (1848-1919)

加納 久宜(かのう ひさよし、嘉永元年3月19日(1848年4月22日) - 大正8年(1919年)2月26日)は、幕末の上総国一宮藩主、明治・大正時代の政治家である。 子爵。 鹿児島県知事、千葉県一宮町長、貴族院議員。 十五銀行取締役。 日本体育会会長、日本体育会体操学校(現日本体育大学)校長。 全国農事会幹事長、帝国農会初代会長。 産業組合中央会副会長。 日本競馬会創設に尽力、「日本農政の父」と仰がれる。 [経歴] 立花種道(下手渡藩(筑後三池藩)主・立花種周の五男)の三男として生まれる。 幼名は嘉元次郎。 安政2年(1855年)の安政江戸大地震で、本所の下屋敷が倒壊して下敷きとなり、自...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カノウ ヒサヨシ
人物別名 加納久宜
生年 1848年
没年 1919年
職業・経歴等 大名

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
加納久宜集 加納久宜 著 ; 松尾れい子 編 冨山房インターナショナル
2012.12
加納久宜全集 小松謙堂 編 子爵加納久宜遺稿刊行会
大正14
農村之改良 加納久宜, 稲垣乙丙 著 大正書院
大正2
通俗日本体育略論 元山寿太郎 著 ; 加納久宜 校 積善館
明35.5
北海道巡遊記 加納久宜 著 加納久宜
明26.10
小学作文的例続編字箋 原田潜 編 ; 大野太衛, 加納久宜 閲 松風堂
明16.3
小学作文的例続編字箋 原田潜 編 ; 大野太衛, 加納久宜 閲 松風堂
明16.3
小学作文的例続編字箋 原田潜 編 ; 大野太衛, 加納久宜 閲 松風堂
明16.3
小学作文的例続編字箋 原田潜 編 ; 大野太衛, 加納久宜 閲 松風堂
明16.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想