宮本 又次   (1907-1991)

宮本 又次(みやもと またじ、1907年3月5日 - 1991年3月12日)は、日本の歴史学者。 [人物] 大阪府生まれ。 京都帝国大学卒。 彦根高等商業学校教授を経て、1945年九州帝国大学教授、1950年九州大学経済学博士 「江戸時代問屋の研究」。 1951年大阪大学教授、のち関西学院大学教授、福山大学教授。 専攻は日本経済史、近世商業史で、1967年『関西と関東』で日本エッセイスト・クラブ賞、1970年『小野組の研究』で学士院賞恩賜賞受賞。 1979年日本学士院会員、1988年文化功労者。 大阪の地誌、風土記、また豪商列伝のような一般書まで、著作の量は厖大であり、著作集全10巻がある。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤモト マタジ
人物別名 宮本又次
生年 1907年
没年 1991年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
関西と関東 宮本又次 著 文芸春秋
2014.4
キタ : 中之島・堂島・曽根崎・梅田 宮本又次 著 ミネルヴァ書房
2013.9
大阪商人 宮本又次 著 講談社
2010.6
船場 : 風土記大坂 宮本又次 著 ミネルヴァ書房
2008.7
豪商列伝 宮本又次 著 講談社
2003.9
随想大阪繁盛録 宮本又次 著 文献
1991.4
冬温夏清 宮本又次 著 宮本又次
1990.1
近世なにわ商人の風習と年中行事 宮本又次 著 文献
1988.3
住友家の家訓と金融史の研究 宮本又次 著 同文館
1988.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想