宮木 高明   (1911-1974)

宮木 高明(みやき たかあき、1911年1月30日-1974年1月9日)は、薬学者。 [経歴] 東京浅草の商家に生まれる。 京華中学校、第一高等学校、1935年東京帝国大学医学部薬学科卒、副手、38年助手、42年「Napthyridin誘導体の合成研究」で薬学博士、千葉医科大学附属薬学専門部教授。 1947年千葉医科大学教授。 49年千葉大学薬学部長、教授。 [著書] 『薬学』朝日新聞社 朝日新講座 1950 『新薬』朝日新聞社 アサヒ相談室 1953 『薬品化学』南山堂 1953 『家庭の薬』時事通信社 1956 『薬』岩波新書 1957 『新薬千一夜』毎日新聞社 1957 『ペニシリン...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤキ タカアキ
人物別名 宮木高明
生年 1911年
没年 1974年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
食品衛生学 辺野喜正夫 ほか編集 朝倉書店
1979.7
薬と人体 ウォルター・モデル,アルフレッド・ランシング著 ; 宮木高明訳 ; タイムライフブックス編集部編集 パシフィカ
1977
岩波講座現代生物科学 編集委員: 飯島宗一 等 岩波書店
1976
薬と人体 原著: ウォルター・モデル, アルフレッド・ランシング ; 編集: タイムライフブックス編集部 ; 翻訳: 宮木高明 タイムライフブックス
1975
われ茲に在るもの 宮木高明著 廣川書店
1975
食品衛生学事典 編集: 相磯和嘉 等 医歯薬
1972
新編食品衛生学 豊川行平, 宮木高明, 辺野喜正夫 編集 朝倉書店
1972
薬学概論 宮木高明 著 広川書店
1971
病態栄養学双書 日本栄養士会 編 第一
1970
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想