三宅 雪嶺   (1860-1945)

石川生まれ。ジャーナリスト、哲学者、歴史家。父は金沢藩の儒医。明治16年(1883)東京大学哲学科卒。21年(1888)政教社を設立して雑誌『日本人』を創刊。『真善美日本人』『偽悪醜日本人』(1891)等の著作を通して、国粋主義を主張する。40年(1907)には『日本』を『日本及日本人』と改題し、主筆となる。大正12年(1923)には雑誌『我観』を創刊。また哲学者としての主な著作に、『哲学涓滴』(1889)『宇宙』(1909)がある。最晩年まで近代通史『同時代観』の執筆を続けた。昭和18年(1943)文化勲章を受ける。

「近代日本人の肖像」より

三宅 雪嶺(みやけ せつれい、1860年7月7日(万延元年5月19日) - 1945年(昭和20年)11月26日)は、日本の哲学者、評論家。 加賀国金沢(現・石川県金沢市)生まれ。 本名は雄二郎。 [人物] 妻の三宅花圃(みやけかほ、旧姓:田辺)は樋口一葉と同門だった小説家、歌人。 衆議院議員・中野正剛は娘婿。 加賀藩家老本多家の儒医・三宅恒の子として生まれる。 官立東京開成学校を経て、東京大学文学部哲学科(のち帝国大学文科大学)卒。 後藤象二郎の大同団結運動や条約改正反対運動など自由民権運動に関わる。 1888年、志賀重昂・杉浦重剛らと政教社を設立し、国粋主義の立場を主張する為、『日本人』...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤケ セツレイ
人物別名 三宅雪嶺

雪嶺迂人
生年 1860年
没年 1945年
職業・経歴等 ジャーナリスト
をも見よ 三宅, 雄二郎(1860-1945)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
祖国の姿 三宅雪嶺 著 慧文社
2015.11
三宅雪嶺集 柳田泉編 筑摩書房
2013.1.25
明治大正国勢史 [澁澤榮一, 三宅雄二郎, 鎌田榮吉監修 ; 野依秀一編輯] 日本図書センター
2004.5
明治大正国勢史 [澁澤榮一, 三宅雄二郎, 鎌田榮吉監修 ; 野依秀一編輯] 日本図書センター
2004.5
明治大正国勢史 [澁澤榮一, 三宅雄二郎, 鎌田榮吉監修 ; 野依秀一編輯] 日本図書センター
2004.5
明治大正国勢史 [澁澤榮一, 三宅雄二郎, 鎌田榮吉監修 ; 野依秀一編輯] 日本図書センター
2004.5
明治大正国勢史 [澁澤榮一, 三宅雄二郎, 鎌田榮吉監修 ; 野依秀一編輯] 日本図書センター
2004.5
三宅雪嶺 : 自伝/自分を語る 三宅雪嶺 著 日本図書センター
1997.12
日本教育史基本文献・史料叢書 三宅雪嶺著 大空社
1991.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想