宮原 将平   (1914-1983)

宮原 将平(みやはら しょうへい、1914年(大正3年)12月17日 - 1983年(昭和58年)1月31日)は、日本の物理学者。 東京出身。 東京高等学校卒、1937年北海道帝国大学理学部物理学科卒業。 東北帝国大学金属材料研究所で本多光太郎の下で研究。 1943年「半導体の強磁性の理論について」で北大理学博士、名古屋帝国大学理学部助教授、1949年北海道大学教授、1978年定年退官、名誉教授、中央大学商学部教授。 固体物性論が専門、半導体の強磁性を電子論の観点から研究した。 日本物理学会会長。 [著書] 『磁気と磁石』白水社科学選書 1943 『手の進歩 手・道具・機械・原子力』大雅堂・...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤハラ ショウヘイ
人物別名 宮原将平
生年 1914年
没年 1983年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代科学対話 宮原将平, 岩崎允胤 著 北海道大学図書刊行会
1984.3
磁性の理論 アンドレ・エルパン 著 ; 宮原将平, 野呂純子 訳 講談社
1983.1
科学との対話 : 宮原将平遺稿集 宮原将平 著 白石書店
1983.11
磁性の理論 アンドレ・エルパン 著 ; 宮原将平, 野呂純子 訳 講談社
1982.1
講座日本の大学改革 大沢勝 ほか編集 青木書店
1982.9
磁性の理論 アンドレ・エルパン著 ; 宮原将平, 野呂純子訳 講談社
-
物質のミクロ構造と磁気秩序 - 講談社
1982.3
フックの法則 宮原将平 著 共立
1980.3
現代の大学院 宮原将平, 川村亮 編 早稲田大学出版部
1980.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想