光田 健輔   (1876-1964)

Wikipedia「光田健輔

「青空文庫」より

光田 健輔(みつだ けんすけ、1876年1月12日 - 1964年5月14日)は、日本の病理学者、皮膚科医。 国立長島愛生園初代園長。 正三位勲一等瑞宝章。 文化勲章受章。 ダミアン・ダットン賞受賞。 ハンセン病の研究で知られ、ハンセン病治療の第一線で活動した。 また、日本の対ハンセン病政策の明暗を象徴する人物とされている。 [生い立ち] 山口県佐波郡中関村(現・防府市)生まれ。 高等小学校卒業後に上京し、医師・賀子鶴所宅で住み込み書生をしながら苦学して、医術開業前期試験に合格した。 合格後は実技試験対策のために済生学舎に入学、1895年、開業後期試験に合格している。 ちなみに済生学舎の同期...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミツダ ケンスケ
人物別名 光田健輔
生年 1876年
没年 1964年
職業・経歴等 病理学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
黎明期に於ける東京都社会事業と安達憲忠翁 : 伝記・安達憲忠 光田健輔 編 大空社
1987.9
愛生園日記 : ライとたたかった六十年の記録 光田健輔 著 毎日新聞社
1958
黎明期に於ける東京都社会事業と安達憲忠翁 光田健輔 編 黎明期に於ける東京都社会事業と安達憲忠翁編纂委員会
1956
回春病室 : 救ライ五十年の記録 光田健輔 著 朝日新聞社
1950
癩に関する論文 光田健輔 著 長濤会
1950
癩に関する論文 光田健輔 著 長濤会
1950
癩に関する論文 光田健輔 著 長濤会
1935
癩に関する論文 光田健輔 著 林文雄
昭和10
癩に關する論文 光田健輔著 長濤会
1935-1951
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
小島の春 03 序 光田 健輔
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想