三島 徳七   (1893-1975)

三島 徳七(みしま とくしち、1893年2月24日 - 1975年11月19日)は、兵庫県津名郡広石村(現洲本市五色町広石)生まれの冶金学者。 産業技術進歩に大きな役割を果たしたMK鋼の発明者として知られる。 日本学術会議会員、日本学士院会員、文化勲章受章。 鉄にニッケルを加えたニッケル鋼は磁石とならないが、さらにアルミニウムを加えた合金は永久磁石(MK磁石)に適していることを1931年に発見した。 1917年にKS鋼を発明した東北帝国大学の本多光太郎は磁石開発における競争相手であった。 KS鋼に比べ、MK鋼は材料価格も安く、製造費用を抑えることができた。 本多は、1934年にMK鋼を上回る新...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミシマ トクシチ
人物別名 三島徳七
生年 1893年
没年 1975年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
近代鋳造 - 丸善
金属加工出版会
1970
合金学 三島徳七,三島良績共著 共立
1956-1961
合金学 三島徳七, 三島良績 共著 共立
1954
合金学 三島徳七, 三島良績 共著 共立
1954
合金学 三島徳七,三島良績共著 共立
1954
金属材料及其熱処理 三島徳七 著 共立
1949
不銹鋼 三島徳七 著 山海堂
1947
不銹鋼 三島徳七 著 山海堂
昭和21
構造用無ニツケル鋼材ノ「オーステナイト」粒子生長ト焼入硬度曲線 三島徳七, 三橋鐡太郎 東京帝國大学第一工學部冶金學教室
1944.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想