美作 太郎   (1903-1989)

美作 太郎(みまさか たろう、1903年9月17日 - 1989年7月3日)は昭和期の編集者、出版会社経営者、出版学研究者。 [経歴] 熊本県熊本市生まれ。 1927年東京帝国大学法学部卒業後、日本評論社に入社。 東大で教わった師の河合栄治郎の著作『トーマス・ヒル・グリーンの思想体系』『ファッシズム批判』『学生に与う』『学生叢書』などの出版を担当する。 1938年、河合栄治郎事件が起こり、河合著の『ファッシズム批判』などが発禁となる。 自身は1944年に横浜事件により逮捕される。 両事件により、日本評論社は相当な被害を被る。 戦後は同社に復帰し、編集局長、専務取締役になる。 1951年退社し...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミマサカ タロウ
人物別名 美作太郎
生年 1903年
没年 1989年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
原子力は誰のものか ロバート・オッペンハイマー 著 ; 美作太郎, 矢島敬二 訳 中央公論新社
2002.1
編集と著作権 美作太郎 著 日本エディタースクール出版部
1988.11
戦前戦中を歩む 編集者として 美作太郎 著 日本点字図書館
1986.12
戦前戦中を歩む : 編集者として 美作太郎 著 日本評論社
1985.11
著作権「出版の現場から」 美作太郎 著 ニュース社
1984.10
翻訳と翻訳権 美作太郎 著 著作権資料協会
1983.6
最近の著作権問題について 美作太郎 著 教科書研究センター
1982.3
著作権と出版権 : いま何が問題か 美作太郎 著 日本エディタースクール出版部
1981.5
出版概論 : 最新版 スタンリー・アンウィン 著 ; 布川角左衛門, 美作太郎 訳 日本エディタースクール出版部
1980.12
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想