三原 幸久   (1932-)

三原幸久(みはら ゆきひさ、1932年-2013年1月18日)は、スペイン文学者、民話研究者。 大阪市生まれ。 1961年大阪外国語大学イスパニア語科卒、天理大学講師、大阪外国語大学講師、関西外国語大学助教授、教授、2003年定年退任、名誉教授。 [著書] 『スペイン民族の昔話』岩崎美術社 民俗民芸双書 1969 『ラテンアメリカの昔話』岩崎美術社 民俗民芸双書 1972 [著書] 『日本の昔話 19 肥後の昔話』浜名志松,三宅忠明共編 日本放送出版協会 1977 『日本の民話 8 山陰 鳥取・島根』川上廸彦共編 ぎょうせい 1978 『因幡智頭の昔話』福田晃共編著 三弥井書店 昔話研究資...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミハラ ユキヒサ
人物別名 三原幸久
生年 1932年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ラテンアメリカ民話集 三原幸久編訳 岩波書店
2019.12
スペイン民話集 エスピノーサ 著 ; 三原幸久 編訳 岩波書店
2010.7
学生・生徒の伝承する現代伝説 : 日本とスペインの学生・生徒から採集した口承説話 豊島和子, 三原幸久編 関西外国語大学豊島研究室
2007.11
「大きなかぶ」はなぜ抜けた? : 謎とき世界の民話 小長谷有紀 編 講談社
2006.7
スペインのむかし話 : 真実の鳥ほか 三原幸久 編訳 偕成社
2005.9
大学生の伝承する現代伝説 : 世間話の話型設定のための民俗学的資料として 三原幸久, 豊島和子編 関西外国語大学豊島研究室
2005.6
ボリビア・ラパスの口承説話 三原幸久 編 関西外国語大学三原研究室
2004.8
阿蘇山麓の口承説話 : 熊本県阿蘇郡阿蘇町・一の宮町・長陽村・上益城郡矢部町 三原幸久 編 関西外国語大学三原研究室
2003.3
日本の民話 川上 廸彦;三原 幸久【編】 ぎょうせい
1995.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想