真山 青果   (1878-1948)

Wikipedia「真山青果

「青空文庫」より

真山 青果(まやま せいか、旧字体:眞山 靑果、1878年(明治11年)9月1日 - 1948年(昭和23年)3月25日)は、日本の劇作家・小説家。 本名は、真山 彬(まやま あきら)。 宮城県仙台市裏五番町三番地に生まれる。 父・寛は旧伊達藩士の士族で小学校の校長だった。 仙台市に近い農村を舞台とした農民文学の『南小泉村』(「新潮」1912年5月号)で注目された。 佐藤紅緑、小栗風葉に師事。 正宗白鳥と共に新進の自然主義作家として登場したが、極端な癇癖と原稿の二重売り事件で文壇からは一時遠のく。 1919年、新派の座付作家として復活。 『元禄忠臣蔵』は新歌舞伎の名作といわれる。 ほかに『平将...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マヤマ セイカ
人物別名 真山青果

真山, 彬
生年 1878年
没年 1948年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
元禄忠臣蔵 : 御浜御殿綱豊卿 : 二幕五場 真山青果作 ; 真山美保演出. 積恋雪関扉 : 常磐津連中 国立劇場
2019.3
眞山青果旧蔵資料展 : その人、その仕事 [青木稔弥他執筆] 国文学研究資料館
2016.12
明治近代劇集 秋庭太郎編 筑摩書房
2013.1.25
眞山青果・近松秋江集 平野謙編 筑摩書房
2013.1.25
元禄忠臣蔵 : 五幕十二場 真山青果 作 ; 真山美保 演出 国立劇場
2011.12
天保遊侠録 : 一幕二場 将軍江戸を去る : 二幕四場 真山青果 作真山青果 作 国立劇場
2010.10
天保遊俠録 ; 将軍江戸を去る 真山青果作, 国立劇場営業部宣伝課編 日本芸術文化振興会
2010.10
頼朝の死 : 一幕二場 一休禅師 : 長唄囃子連中 修禅寺物語 : 一幕三場 真山青果 作坪内逍遥 作 ; 国立劇場文芸課 補綴 ; 岡本綺堂 作 国立劇場
2009.12
頼朝の死 ; 一休禅師 ; 修禅寺物語 国立劇場事業部編 日本芸術文化振興会
-
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想