松浦 玲   (1931-)

松浦 玲(まつうら れい、1931年(昭和6年)10月4日 - )は、日本の歴史学者。 専門は、日本近代政治史、政治思想史。 広島県生まれ。 [経歴] 京都大学在学中の1953年(昭和28年)、全学連主催の学園復興会議の京大での開催に奔走した。 しかしその過程で起こった荒神橋事件などの混乱の責任者とされ、大学当局による放学処分(復学を認めない除籍処分で退学より重い)を受けて中退(松浦君放学事件)。 その後、立命館大学大学院を修了し、京都市史編纂所主幹から桃山学院大学教授に就任。 幕末・明治時代の政治史・思想史に関して多くの著書や論文がある。 特に横井小楠および勝海舟の研究者として、高い評価を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツウラ レイ
人物別名 松浦玲
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
徳川の幕末 : 人材と政局 松浦玲著 筑摩書房
2020.4
勝海舟と西郷隆盛 松浦玲 著 岩波書店
2011.12
勝海舟 松浦玲 著 筑摩書房
2010.2
横井小楠 松浦玲 著 筑摩書房
2010.10
横井小楠 : 1809-1869 : 「公共」の先駆者 源了圓 編 藤原書店
2009.11
坂本龍馬 松浦玲 著 岩波書店
2008.11
還暦以後 松浦玲 著 筑摩書房
2006.6
日本のアジア侵略と憲法九条 安川寿之輔, 松浦玲, 山口義夫, 小野寺利孝 著 下町総研
2006.5
海舟語録 勝海舟 著 ; 江藤淳, 松浦玲 編 講談社
2004.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想