松浪 信三郎   (1913-1989)

松浪 信三郎(まつなみ しんざぶろう、1913年8月18日 - 1989年9月2日)は、フランス哲学の研究・翻訳者。 サルトル『存在と無』の翻訳で知られる。 東京生まれ。 早稲田大学大学院哲学科修了。 1957年早大教授、1983年定年退任。 サルトルのほか、モンテーニュ、パスカル、ベルクソン、キェルケゴールなどを広く訳し、広く読まれた。 [著書] パスカル 日本図書 1947 実存哲学素描 小石川書房 1948 考える葦 パスカルの生涯と思想 角川新書 1951 実存哲学 河出新書 1955 モラリストの言葉 実業之日本社 1957 実存主義 岩波新書 1962 実存のことば 番町書房 1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツナミ シンザブロウ
人物別名 松浪信三郎
生年 1913年
没年 1989年
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
存在と無 : 現象学的存在論の試み ジャン=ポール・サルトル 著 ; 松浪信三郎 訳 筑摩書房
2008.1
死にいたる病 セーレン・キルケゴール 著 ; 松浪信三郎 訳. 現代の批判 / セーレン・キルケゴール 著 ; 飯島宗享 訳 白水社
2008.12
存在と無 : 現象学的存在論の試み ジャン=ポール・サルトル 著 ; 松浪信三郎 訳 筑摩書房
2007.12
存在と無 : 現象学的存在論の試み ジャン=ポール・サルトル 著 ; 松浪信三郎 訳 筑摩書房
2007.11
創造的進化 ベルグソン著 ; 松浪信三郎, 高橋允昭訳 NetLibrary
2007
小論集 ベルグソン著 ; 花田圭介編 ; 花田圭介, 加藤精司訳 NetLibrary
2007
パスカル パスカル 著 ; 松浪信三郎 訳 河出書房新社
2005.1
サルトル サルトル 著 ; 松浪信三郎, 平井啓之 他訳 河出書房新社
2005.1
モンテーニュ [モンテーニュ] [著] ; 松浪信三郎 訳 河出書房新社
2005.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想