松本 寧至   (1931-)

松本寧至(まつもと やすし、1931年 - )は、日本の国文学者、二松学舎大学名誉教授。 群馬県生まれ。 1955年大正大学大学院満期退学。 81年「中世女流日記文学の研究 とはずがたりを中心として」で大正大学文学博士。 大正大学文学部助教授、二松学舎大学教授、2002年定年退任、名誉教授。 伊勢崎市の法光寺住職。 [著書] 『とはずがたりの研究』桜楓社、1971 『中世女流日記文学の研究』明治書院、1983 『物語・日記文学論考』桜楓社、1984 国語国文学研究叢書 『中世宮廷女性の日記 『とはずがたり』の世界』1986 中公新書 『建礼門院右京大夫 追憶に生きる』日本の作家 新典社、1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツモト ヤスシ
人物別名 松本寧至
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本古典文学の仏教的研究 松本寧至 著 和泉書院
2001.3
女西行 : とはずがたりの世界 松本寧至 著 勉誠
2001.3
流離抄 松本寧至 著 勉誠
2001.6
日本文学の創造と展開 松本寧至 監修 ; 今西幹一 編 勉誠
2001.12
中世文学の諸問題 松本寧至 編 新典社
2000.5
越し人慕情発見芥川竜之介 松本寧至 著 勉誠社
1995.1
日本奇談逸話伝説大事典 志村有弘, 松本寧至 編 勉誠社
1994.2
仏教説話の世界 松本寧至 ほか編 宮本
1992.3
女流日記文学講座 石原昭平 ほか編 勉誠社
1991.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想