松田 道雄   (1908-1998)

松田 道雄(まつだ みちお、1908年10月26日 - 1998年6月1日)は医師・育児評論家・歴史家。 [来歴・人物] 茨城県水海道町(現・常総市)に生まれ、生後すぐ京都に移る。 旧制第三高等学校、京都帝国大学医学部卒業、医学博士。 著述家・マジック研究家の松田道弘は息子。 1932年に京都帝大医学部助手となり、平井毓太郎らの影響で小児結核を研究対象とする。 中京区西ノ京の健康相談所、京都府衛生課結核予防係、和歌山県衛生課長を経て、戦後大阪府の民間病院小児科に勤務、その後京都に診療所を開く。 小児科の医師として診療する傍ら、久野収の勧めもあって1949年に平和問題談話会に参加、末川博、恒藤...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツダ ミチオ
人物別名 松田道雄
生年 1908年
没年 1998年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
養生訓 貝原益軒著 ; 松田道雄訳 中央公論新社
2020.1
定本育児の百科 松田道雄 著 岩波書店
2009.2
定本育児の百科 松田道雄 著 岩波書店
2008.1
文献選集現代の親子問題 広井多鶴子, 小玉亮子 監修 日本図書センター
2007.5
定本育児の百科 松田道雄 著 岩波書店
2007.12
巨視的しつけ法 しつけ 松田道雄 著我妻洋, 原ひろ子 著 クレス
2006.5
巨視的しつけ法 ; しつけ 松田道雄著 ; 我妻洋, 原ひろ子著 クレス
2006.5
養生訓 : ほか 貝原益軒 著 ; 松田道雄 訳 中央公論新社
2005.12
日常を愛する 松田道雄 著 平凡社
2002.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想