増川 宏一   (1930-)

増川 宏一(ますかわ こういち、1930年(昭和5年) - )は、日本の遊戯研究家。 遊戯史学会会長、大英博物館リーディングルーム登録者、将棋博物館(現在は閉館)顧問。 博打に関する研究では日本一とも言われており、『賭博』『さいころ』『遊戯』など著者は多数ある。 [経歴] 長崎県生まれ。 旧制甲南高等学校(現在の甲南大学の前身)を卒業。 増川が盤上遊戯の研究を始めたきっかけは旧制中学時代にさかのぼる。 中学で先輩に呼び出され、「我が校の本分は遊ぶことである」といわれたことがきっかけだと述べている。 30歳のときに勤務先を退社、賭博などの遊戯史の研究に専念する。 チェス史の研究で1973年には...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マスカワ コウイチ
人物別名 増川宏一
生年 1930年
没年 -
職業・経歴等 著述家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
遊戯の起源 増川宏一 著 平凡社
2017.3
小さな藩の奇跡 増川宏一 著 ; 北村六合光 原典解読 Kadokawa
2016.9
日本遊戯思想史 増川宏一 著 平凡社
2014.9
将棋の歴史 増川宏一 著 平凡社
2013.2
日本遊戯史 : 古代から現代までの遊びと社会 増川宏一 著 平凡社
2012.2
盤上遊戯の世界史 : シルクロード遊びの伝播 増川宏一 著 平凡社
2010.10
遊戯 : その歴史と研究の歩み 増川宏一 著 法政大学出版局
2006.4
将軍家「将棋指南役」 : 将棋宗家十二代の「大橋家文書」を読む 増川宏一 著 洋泉社
2005.2
チェス 増川宏一 著 法政大学出版局
2003.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
盤上ゲームの歴史 増川 宏一
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想